ad

モザンビーク:一村一品・カイゼンを通じた地場産業振興プロジェクト

ad
ad
ad

ODA(Project for Development of Local Industry Through OVOP Movement and KAIZEN)

国名 モザンビーク
事業 技術協力
課題 民間セクター開発
協力期間 2022年4月~2027年4月

プロジェクト紹介

モザンビークは天然ガス、石炭等の豊富な天然資源を背景とする好調な海外直接投資等により近年高い経済成長を成し遂げています。しかし、中小企業(SME)の多くは、国内外の市場における商品の競争力、経営管理能力、生産・品質管理技術等に課題を抱えています。このため、同国政府は2008年に商工省の下に中小企業振興機構(IPEME)を設立し、モザンビークの一村一品(CaDUP)事業を開始しました。今回の事業は計5年間にわたって実施予定で、更にカイゼンの要素を取り入れ、SME支援モデルの実証を通じた中小企業振興の枠組み、支援コンテンツ及び関係する人材の能力をさらに強化することで、地場産業のエコシステム構築を目指すものです
(1) 上位目標
地場産業振興に資するSME支援中長期計画(ロードマップ)に基づき、地場産業エコシステムが強化・展開される。
(2) プロジェクト目標
CaDUPイニシアチブ下のSME支援モデルの実証を踏まえ、地場産業エコシステムが構築される。
(3) 成果
成果1
CaDUPイニシアチブを通じた地場産業振興に資する SME 支援中長期計画(ロードマップ)(SME 支援モデルを含む)が作成される。
成果2
SME支援モデルの実施にかかるガイドライン・支援ツール、教材等が整備・更新される。
成果3
実証事業の実施を通じ、IPEME及び対象地域の地方関係者の組織的能力が強化される。
成果4
ロードマップに基づき、地場産業振興のエコシステム活性化のためのSME支援モデルが実証される。
成果5
成果4で実証されたSME支援モデル(優良事例を含む)が、全国的に普及される。

事業評価

評価結果

(出典:外務省ODAホームページ、JICA)

ad
ODA
ad
ad


Follow
ad
ad
タイトルとURLをコピーしました