ad

鍛造水平コッター式継手(KT-200156-A)

ad
ad
ad

シールド工法のセグメント組立時に用いる鍛造製ワンパス式セグメント継手(スライドかん合式シールドセグメント継手)

開発会社:株式会社大林組,ユニタイトシステムズ株式会社
区  分:製品
NETIS登録技術
本技術は、シールド工法のセグメント組立用の鍛造スライドかん合式継手で、従来は、鋳造スライドかん合式継手で対応していた。本技術の活用により、熱処理・摩擦圧接・最適部材の選定が可能となり、継手部材の軽量化および高強度化が実現できるため、経済性の向上が図れる。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

サンプルです

タイトルとURLをコピーしました