ad

米国:エネルギー省が、米国の重要鉱物サプライチェーン確保のために「鉱物持続可能性部門」を創設

ad
ad
ad

Department of Energy Launches Minerals Sustainability Division to Enable the Ongoing Transformation of the U.S. Energy System and Help Secure a U.S. Critical Minerals Supply Chain

「政策の科学」関連 海外情報  期間:1月14日~1月20日
(DOE 記事) 元記事公開日: 2021/1/15

米国エネルギー省(DOE)は、米国の重要鉱物サプライチェーンの確保に、より重点を置いた「鉱物持続可能性部門」の設立を発表した。米国のエネルギー・製造システムを変革して、よりクリーンで、回復力があり、安全にすることを目指しており、既存のDOEの研究開発(R&D)と応用工学をベースに設立された。部門は、化石エネルギー局(FE)のクリーンコール・炭素管理室にレポートし、サプライチェーン全体での技術開発と展開に焦点を当てる。また、エネルギー、経済、防衛のための重要鉱物の持続可能性の問題に対処するために、連邦機関間の協力を促進する。さらに部門のスタッフは国際的な同盟国と協力して、世界中の持続可能な慣行に取り組む。

タイトルとURLをコピーしました