ad

橋梁たわみ計測技術(KT-200116-A)

ad
ad
ad

橋面上に計測装置(加速度計)を置くだけで車両通過時の橋梁たわみを計測可能とする技術

開発会社:株式会社TTES
区  分:システム
NETIS登録技術
本技術は、橋面上に設置した加速度計のデータから車両通過時の橋梁たわみを算出する技術で、従来は、突当て変位計によるたわみ計測で対応していた。本技術の活用により、橋面上で計測機器を設置するだけの作業となるため、工程の短縮、経済性と施工性の向上が図れる。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

サンプルです

タイトルとURLをコピーしました