ad

極小根鉢苗を使って防草シートへかんたんに植栽する工法(CG-220031-A)

ad
ad
ad

開口したシートの極狭植穴に極小根鉢苗(ガザニアンクイーンJ、タイム・セリペ、ローズマリー・セリペ)を植栽する工法

開発会社:株式会社理舎
区  分:工法
NETIS登録技術
本技術は防草シートの極狭開口と植穴掘削を同時に行い、特殊極小根鉢苗を容易に植栽する工法で、従来は大きな根鉢でシートカット→植穴掘削→植付→埋戻→開口部をテープ補修する工法だった。本技術の活用で残土処分や開口部の補修が不要で効率が向上しコスト縮減が可能。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 https://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

コメント

タイトルとURLをコピーしました