ad

モザンビーク:マプト大都市圏統合的廃棄物管理能力向上プロジェクト

ad
ad
ad

ODA(Project for Capacity Development to Realize Integrated Solid Waste Management in Great Maputo)

国名 モザンビーク
事業 技術協力
課題 環境管理
協力期間 2019年10月〜2022年10月

プロジェクト紹介

モザンビークの首都マプト市は、適正な廃棄物総合管理に向けて様々な改善に取り組んできました。しかしながら、近年、都市人口の増加に起因する廃棄物総量の増加に加え、廃棄物の種類も多様化しており、市役所組織の脆弱性、特に廃棄物管理に係る能力及び政策策定能力の不足から適正な廃棄物管理が困難な状況にありました。こうした状況を踏まえ、2013年3月からJICAは技術協力を実施し、同市役所の能力強化に貢献してきましたが、更に難易度の高い課題を解決するための事業実施能力は依然として不足しています。本協力は、固形廃棄物の収集・運搬の最適化、減量化の促進、最終処分場の運営改善、組織、制度、財政面の強化、住民啓発・環境教育の実施等を支援し、これらの活動の他都市への普及を行うことにより、マプト市の廃棄物管理マスタープランに基づく統合的廃棄物管理の実施能力の向上を図るとともに、同国の他都市における廃棄物管理能力の向上にも寄与します。

協力地域地図

マプト大都市圏統合的廃棄物管理能力向上プロジェクトの協力地域の地図

協力現場の写真

カウンターパートとの協議

廃棄物管理セミナー

合同調整会議

カウンターパートとの定例会議

関連情報

関連記事等

マプト大都市圏統合的廃棄物管理能力向上プロジェクトがいよいよ始動(外部サイト:Facebook)

タイトルとURLをコピーしました