ad

水中軸受診断システム【EGウォッチャー】 (SK-150007-A)

ad

揚排水ポンプの水中軸受摩耗量を自動測定

開発会社:株式会社石垣
区  分:システム
NETIS登録技術
本技術は、揚排水ポンプの水中軸受摩耗量を自動測定し、ポンプの健全度を判定する状態監視技術であり、従来は振動測定による点検で対応していた。本技術の活用により水中軸受の傾向管理や状態監視保全が可能となり、点検工数・費用の低減、ポンプの信頼性向上が図れます。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 https://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

タイトルとURLをコピーしました