ad

ネコヤナギによる護岸の緑化工法(旧:QS-080012-V)

ad

ネコヤナギをコンクリート護岸に植栽して河川環境を修復し、水辺の生態系の保全を図る。

開発会社:松本技術コンサルタント(株)
区  分:工法
NETIS登録技術(2019/3/31掲載終了)
本工法は、既設または新設のコンクリート護岸(ブロック積等)に対して植栽孔を設け、ネコヤナギの挿し木を植栽して緑化する技術であり、コンクリート利用によって水辺が無機質化・単調化した河川環境を修復すると共に、水辺の生態系の回復と保全を図るものである。
※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省
タイトルとURLをコピーしました