ad

ハイブリッド・塩害補強工法(HR-220007-A)

ad
ad
ad

鉄筋腐食抑制型シラン系含浸材(プロテクトシルCIT)と連続繊維シート材及び両者の接着を確保する新開発プライマーの組み合わせからなる塩害を受けたコンクリート構造物の補修・補強工法

開発会社:株式会社レックス , 日鉄ケミカル&マテリアル株式会社 , ポゾリス ソリューションズ株式会社
区  分:工法
NETIS登録技術
塩害を受けたコンクリート構造物において鉄筋腐食抑制型シラン系含浸材塗布面に連続繊維シート補強を可能にした工法であり、従来は亜硝酸リチウム混入型断面修復材による補修後に連続繊維シート補強を行っていた。本技術により経済性や周辺環境向上及び工程短縮が期待できる。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 https://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

サンプルです

タイトルとURLをコピーしました