ad

ポットホール簡易補修延命【ピタホール工法】(CB-220028-A)

ad
ad
ad

ポットホールや段差などの損傷修繕箇所に補修テープ(ピタクラック50)を貼ることにより耐久性を簡易的に向上させる技術

開発会社:三和興産株式会社
区  分:材料
NETIS登録技術
本技術は、ポットホールや段差などの損傷修繕箇所に補修テープ(ピタクラック50)を貼り耐久性を向上させる技術であり、従来技術は常温合材のみで施工されていた。本技術の活用により、復旧箇所のジョイント部分からの水の浸入やアスファルトの飛散も防止することができる。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 https://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

サンプルです

タイトルとURLをコピーしました