ad

2021年7月3日に静岡県熱海市伊豆山地区で発生した土砂災害現場の盛土と 土石流堆積物に関する地球化学・粒子組成分析の結果

ad

2022-05-20 静岡大学,日本原子力研究開発機構,ふじのくに地球環境史ミュージアム,愛媛大学,東京大学

静岡大学,日本原子力研究開発機構,ふじのくに地球環境史ミュージアム,愛媛大学,東京大学の研究グループが,2021年7月3日に静岡県熱海市伊豆山地区で発生した土砂災害現場の盛土と土石流堆積物に関する地球化学・粒子組成分析を行い,以下の結果を得ました.

  1. 盛土の黒色の土砂は他所から搬入されたものである.
  2. 黒色の土砂と褐色の土砂の混合では,土石流堆積物の泥粒子の成分を説明できない.
  3. 黒色の土砂と土石流堆積物からチャート岩片を発見し,含有する放散虫化石とドロマイト粒子から,古生代/中生代境界付近から前期白亜紀まで及ぶ時代に形成されたチャート層由来の岩片であることが判明した.
  4. チャート岩片は黒色の土砂の有効なトレーサー物質となり,黒色の土砂の採集

【論文情報】

題名:静岡県熱海市伊豆山地区の土砂災害現場の盛土と土石流堆積物の地球化学・粒子組成分析

誌名:静岡大学地球科学研究報告, 49号.

著者:北村晃寿1,2,岡嵜颯太3,近藤 満4,渡邊隆広5,中西利典6,堀 利栄7,池田昌之8,市村康治9,中川友紀8,森 英樹10

タイトルとURLをコピーしました