ad

AIによる渋滞予測を活用した信号制御の実証実験に成功~全国の交通管制システムへのAI導入に向けた検討へ~

ad

2022-04-25 新エネルギー・産業技術総合開発機構,UTMS協会,住友電気工業株式会社

NEDOが取り組む「人工知能技術適用によるスマート社会の実現」の一環として、(一社)UTMS協会と住友電気工業(株)は人工知能(AI)を活用した信号制御システムの開発を進めています。

このほど岡山県警察本部の協力のもと、岡山市内2カ所の交差点でAIによる渋滞予測を活用して信号を制御する実証実験に成功しました。

今後、この成果を全国の交通管制システムへのAI導入に向けて活かしてもらうべく、検討を進め、より少ない車両検知センサーによって、より低コストとなる信号制御を実用化し、交通渋滞の解消と低炭素社会の実現に貢献することを目指します。

図1 AIによる渋滞状況の予測

1.概要

現在日本国内に設置されている多くの信号機では、道路上の車両検知センサーが計測した交通量と渋滞長に基づいて各交通管制センターから最適な青信号の時間を制御しています。特に渋滞長を計測するためには交差点流入路に沿って数百メートルごとに渋滞計測用車両検知センサーを設置することが必要であり、その高い運用コストが課題となっています。一方、車両検知センサーに代わる新しい交通情報源として車両から直接収集される走行軌跡情報(プローブ情報)が注目されていますが、対象車両が限定されているためにデータが収集できない時間帯があるほか、車両からの情報送信周期や収集センターでの集計処理にかかる時間などにより、交通管制センターにプローブ情報が収集されるまでに遅れが生じるという課題があります。

タイトルとURLをコピーしました