ad

杭先端チャッキング機構併用既存杭引き抜き工法(TK工法)(KK-210007-A)

ad
ad
ad

ピン連結の上爪・下爪によるチャッキング機構により、既存杭先端を支持しながら既存杭全長を完全に引き抜き撤去可能である。

開発会社:株式会社德永組
区  分:工法
NETIS登録技術
本技術は、杭先端チャッキング機構併用既存杭引き抜き工法(TK工法)の技術であり、従来はオーガーケーシング杭抜工法を使用していた。本技術の活用により、経済性、施工性、既存杭の完全撤去による品質の向上、及び工程短縮が期待できる。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

タイトルとURLをコピーしました