ad

ブータン:ティンプー川・パロ川流域における災害事前準備・対応のための気象観測予報・洪水警報能力強化プロジェクト

ad
ad
ad

ODA(Project for Capacity Enhancement of Meteorological Observation, Forecasting and Flood Warning, for Disaster Preparedness and Response in Thimphu and Paro River Basins)

国名 ブータン
事業 技術協力
課題 水資源・防災
協力期間 2020年2月〜2023年1月

プロジェクト紹介

ブータンでは近年、世界的な気候変動の影響を受け、これまでに観測されなかった氷河湖拡大とその決壊による洪水災害をはじめ、フラッシュ・フラッド(鉄砲水)、サイクロンを含む暴風雨等の水文・気象に関する災害が多数発生しています。本協力は、ティンプー川・パロ川流域を対象として、国家水文気象センターにおける気象観測・予報、洪水リスクアセスメント・予警報の能力向上を図るとともに、内務文化省防災局や県・市における洪水災害の事前準備や対応の能力強化を図り、気象に起因する災害への強靭性強化に寄与します。

協力地域地図

ティンプー川・パロ川流域における災害事前準備・対応のための気象観測予報・洪水警報能力強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

評価結果

協力現場の写真

NCHMに設置されているひまわりキャスト用パラボラアンテナ(写真提供:株式会社地球システム科学)

パロ側中流に設置された自動水位計

ティンプー川中流

関連情報

関連・連携プロジェクト

氷河湖決壊洪水(GLOF)を含む洪水予警報能力向上プロジェクト

タイトルとURLをコピーしました