ad

パキスタン:パンジャブ州灌漑システム改善事業

ad
ad
ad

ODA(Punjab Irrigation System Improvement Project)

国名 パキスタン
事業 有償資金協力
課題 水資源・防災
借款契約(L/A)調印 2008年5月
借款契約額 113.82億円

プロジェクト紹介

農業はパキスタン経済の柱であり、最も外貨獲得を行うことが出来る分野であるとともに、繊維・製糖等の主要産業への原材料供給を行う基幹産業です。また同国では、貧困人口比率が都市部と比較して農村部で高いため、農業開発は経済成長のみならず、農村部の貧困削減にも重要です。同国においては灌漑農地が全農地の8割以上を占めるため、灌漑セクターの開発が農業振興・農村活性化の鍵と認識されています。本協力は、最大の灌漑面積を有するパンジャブ州において、灌漑施設・水資源管理関連施設の改修、農民組織の設立・育成支援、地下水保全管理に係る支援を実施することにより、農業生産性の向上を図り、貧困緩和に寄与します。

協力地域地図

パンジャブ州灌漑システム改善事業の協力地域の地図

事業評価

評価結果

協力現場の写真

整備中の灌漑水路

整備された灌漑水路

関連情報

関連記事等

パキスタン向け円借款契約の調印 -農村部の貧困削減、経済成長を支える経済インフラを強力にサポート-

タイトルとURLをコピーしました