ad

地震の揺れを予測する新たな手法を開発 ~人工知能と物理モデルのハイブリッドで更なる精度向上へ~

ad

2020-07-27 防災科学技術研究所

国立研究開発法人防災科学技術研究所(理事長:林春男) は、地震による揺れの予測(地震動予測)の高度化に向け、人工知能と物理モデルを組み合わせたハイブリッド予測手法を新たに開発しました。

1. 内容:(詳細は別紙資料を参照)
国立研究開発法人防災科学技術研究所は、地震災害に対する我が国の防災力・減災力の向上に資するために、地震による揺れを予測する地震動予測技術の高度化に関する研究を進めています。
中でも地震動の強さ(震度等)の予測技術に、人工知能(AI)分野で使われる「機械学習」を適用することに取り組んでおり、今般、機械学習が持つ予測の柔軟性と、従来から使われてきた物理モデルに基づく地震動予測式が持つ、まれな事象を予測する際の安定性といった双方の長所を組み合わせ、単一の手法に比べてより高精度な予測が可能であるハイブリッド手法を新たに開発しました。
本研究の成果を基に更なる研究を進めていくことで、将来の地震災害に備えるための地震ハザード評価や地震発生直後の緊急地震速報の精度向上につながることが期待されます。
本成果は、英国科学雑誌「Scientific Reports」オンライン版(7月27日付: UK時間午前10時、日本時間午後6時)に掲載されます。
2. 本件配布先:
文部科学記者会、科学記者会、筑波研究学園都市記者会
3. 論文情報:「Scientific Reports」オンライン版
Hisahiko Kubo, Takashi Kunugi, Wataru Suzuki, Shingo Suzuki, and Shin Aoi (2020) Hybrid predictor for ground-motion intensity with machine learning and conventional ground motion prediction equation(邦訳:機械学習と従来の地震動予測式をハイブリッドした地震動指標の予測器に関する研究),

タイトルとURLをコピーしました