ad

モザンビーク:ザンベジア州持続的給水・衛生改善プロジェクト

ad
ad
ad

ODA(Sustainable Water Supply, Sanitation and Hygiene Promotion in Zambezia Province)

【写真】プロジェクトの様子

国名 モザンビーク [協力地域地図]
協力期間 2007年8月~2011年7月
事業 技術協力
課題 水資源・防災

プロジェクトの紹介

モザンビークのザンベジアは、国内で一番人口が多い州です。しかしながら、各種社会インフラの整備が遅れており、安全な水へのアクセス率は、28パーセントと全国平均の43パーセント(2004年 UNDP)を大きく下回っていました。このため日本の無償資金協力により同州北部に約150か所の深井戸を建設しましたが、持続的に安全な水を使い続けるために、コミュニティによる給水施設の運営維持管理能力の強化が課題となっていました。この協力では、州および郡政府職員の連携体制の強化とコミュニティの給水施設運営維持管理能力の強化などを通じ、同州の対象4郡の衛生習慣の改善を図りました。

協力現場の様子

  1. 1写真1
  2. 2写真2
  3. 3写真3
  4. 4写真4

キャプション

  1. 2008年10月 ワークショップの様子
  2. 村人ヘのインタビュー(ムランバ)
  3. 水衛生調整委員会メンバー(写真右側)(イレ郡マクエリア・コミュニティ)。定期清掃、利用者に対する施設使用規則順守の呼びかけ、維持管理費用の徴収、会計、利用者参加による定期会合、維持管理基金の情報共有などの仕事に責任を持つ。各郡には10~12人の修理工がおり、全てのコミュニティにおいて修理工の数は足りている。
  4. ナンペボ小学校の衛生グループ(各学校の3~5年生で構成)および校長(イレ郡)。衛生教育活動は彼らを通じて行われる。

 

事業評価情報

評価結果要約(事前・中間・終了時・事後ほか要約表)

報告書(JICA図書館ポータルサイト)

関連情報

関連プロジェクト

タイトルとURLをコピーしました