運輸安全委員会

0908鉄道

近畿日本鉄道名古屋線の重大インシデント[車両障害](令和3年11月23日発生)

2022-12-01 運輸安全委員会 概要 報告書番号:RI2022-1-1 発生年月日:2021年11月23日 区分:鉄道 発生場所:名古屋線 伊勢朝日駅構内[三重県朝日町] (伊勢中川駅起点51k433m) 事業者区...
0908鉄道

上信電鉄株式会社 上信線の踏切障害事故(令和3年12月30日発生)

2022-10-27 運輸安全委員会 概要 報告書番号:RA2022-7-1 発生年月日:2021年12月30日 区分:鉄道 発生場所:上信線 東富岡駅~上州富岡駅間[群馬県富岡市] 栖雲寺踏切道(第4種踏切道:踏切遮断及...
0908鉄道

長良川鉄道株式会社 越美南線の踏切障害事故(令和4年1月4日発生)

2022-09-29 運輸安全委員会 概要 報告書番号:RA2022-6-1 発生年月日:2022年01月04日 区分:鉄道 発生場所:越美南線 万場駅~上万場駅間[岐阜県郡上市] 第5下万場踏切道(第3種踏切道:踏切遮断...
ad
0908鉄道

東日本旅客鉄道株式会社 大船渡線の列車脱線事故(令和3年7月5日発生)

2022-09-29 運輸安全委員会 概要 報告書番号:RA2022-6-2 発生年月日:2021年07月05日 区分:鉄道 発生場所:大船渡線 真滝駅~陸中門崎駅間[岩手県一関市] 一ノ関駅起点8k540m 事業者区分...
0908鉄道

東日本旅客鉄道株式会社 米坂線の踏切障害事故(令和3年5月16日発生)

2022-03-24 運輸安全委員会 概要 報告書番号:RA2022-2-2 発生年月日:2021年05月16日 区分:鉄道 発生場所:米坂線 越後金丸駅~小国駅間(単線)[山形県西置賜郡小国町] 増岡踏切道(第4種踏切道:踏...
0908鉄道

京成電鉄株式会社 本線の列車脱線事故(令和2年6月12日発生)

2022-03-24 運輸安全委員会 概要 報告書番号:RA2022-2-1 発生年月日:2020年06月12日 区分:鉄道 発生場所:本線 青砥駅構内[東京都葛飾区] 事業者区分:大手民鉄 事業者:京成電鉄株式会社(法人...
0908鉄道

東日本旅客鉄道株式会社 常磐線の列車脱線事故(令和3年3月26日発生)

線路内に侵入し線路上に止まっていた普通自動車に、進行してきた列車が衝突し、自動車が列車の1両目前面左側下部と線路との間に入り込んだことにより、1両目の前台車全2軸の右車輪がレールに乗り上がり線路右側に脱線したものと推定される。自動車の運転者が警察からの追跡を逃れるため冷静に運転することができない状態で運転中にハンドル操作を誤ったため、ネットフェンスを突き破って線路内に侵入し動けなくなったことによるものと考えられる。
0908鉄道

阪急電鉄株式会社 神戸線の列車脱線事故(令和2年11月23日発生)

高羽踏切道に列車が接近し遮断かんが降下している状況において、軽貨物自動車が無人のまま坂道を後退して同踏切道に進入し、進行してきた列車と衝突したことにより、列車が脱線したものと推定される。軽貨物自動車は、停めた場所が坂道であったにもかかわらず、自動車運転者が、停止状態を保つ必要な措置が不十分な状態で車から離れたことによるものと考えられる。
0908鉄道

西日本旅客鉄道株式会社 山口線の重大インシデント[車両障害](令和2年12月30日発生)

2021-12-16 運輸安全委員会 概要 報告書番号:RI2021-2-1 発生年月日:2020年12月30日 区分:鉄道 発生場所:山口線 本俣賀駅構内(単線)[島根県益田市] 事業者区分:JR 事業者:西日本旅客...
0908鉄道

日本貨物鉄道株式会社 山陽線の踏切障害事故(令和2年12月19日発生)

踏切遮断機及び踏切警報機が設けられていない第4種踏切道である五の坪踏切道に列車が接近している状況において、通行者が同踏切道内に進入したため、列車と衝突したことにより発生したものと考えられる。
0908鉄道

えちぜん鉄道株式会社 三国芦原線の踏切障害事故(令和2年11月15日発生)

踏切遮断機及び踏切警報機が設けられていない第4種踏切道である中角踏切道に列車が接近している状況において、軽貨物自動車が同踏切道に進入したため、列車と衝突した。列車が接近している状況で軽貨物自動車が同踏切道に進入した理由については、軽貨物自動車の運転者が列車の接近を認識していなかった可能性がある。
0908鉄道

WILLER TRAINS宮津線の重大インシデント[本線逸走に係る鉄道重大インシデント)](令和2年10月4日発生)

列車が右側面から前台車後軸の前方に侵入してきた動物と衝突してブレーキシリンダにつながる配管が折損し、元空気タンクからブレーキシリンダ間の圧縮空気が全て漏気してしまった。各車輪に押し付けている全ての制輪子が緩解し、常用ブレーキと保安ブレーキ両方が機能しなくなったことにより、非常ブレーキで下り勾配区間内に一旦停止した列車が逸走したものと推定される。
ad
タイトルとURLをコピーしました