経済産業省

0108交通物流機械及び建設機械

第三者上空飛行のための無人航空機の性能評価手順書を公表

福島ロボットテストフィールドにおける試験で活用可能 2020-05-29 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOと経済産業省は、ドローンなどの無人航空機による第三者上空での目視外飛行の実現に向け、「無人航空機性能評価手順書」を...
0802流体資源の開発及び生産

再エネによる世界最大級の水素製造拠点が福島県浪江町で誕生

福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)が開所 2020-02-13    新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOと経済産業省は、両者の技術実証事業で整備を進めてきた、世界最大級の再生可能エネルギー由来の水素製造施設「福島...
0108交通物流機械及び建設機械

2020年、水素エネルギーのいま~少しずつ見えてきた「水素社会」の姿

2020-01-31 経済産業省 液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」進水式 さまざまな資源からつくることができ、使用してもCO2を排出しない次世代のエネルギーとして期待されている水素(「『水素エネルギー』は何が...
0800資源工学一般

全国初!ドローンを活用した、危険物タンク群での点検・災害対応の実証試験

2019-1-25 神奈川県,(経済産業省同時発表) 近年、各地で大規模地震が発生する中、我が国の経済活動を支える本県の石油コンビナート地域の防災力の向上は、喫緊の課題です。 そこで県は、実施主体である経済産業省...
0108交通物流機械及び建設機械

世界に先駆けて水素ステーション100か所が開所します

2018/03/23  経済産業省 本件の概要 燃料電池自動車(FCV)の普及拡大に向けた環境整備を推進するため、2013年度より商用水素ステーションの整備が進められています。 この春、新たに8か所の水素ステーションが開所することで、...
0907道路

日本発の「自動車運転時の歩行者検出・被害軽減ブレーキ」に関する被害軽減ブレーキ

~昼間だけでなく夜間の自動車による歩行者交通事故削減を目指して~ 平成29年12月25日(月) 経済産業省 昼間及び夜間の自動車運転時に、歩行者を検出し、自動ブレーキによって衝突被害を軽減するシステムに関する日本発の国際規格が発行さ...
0108交通物流機械及び建設機械

NEDO燃料電池・水素技術開発ロードマップ

NEDOは、産学官が長期的視野を共有して技術開発に取り組むために、燃料電池・水素技術開発ロードマップを2005年に策定し、これまで3度改訂をしてきました。今回、4度目の改訂作業のために、メーカーや電力事業者、大学や研究機関などで構成...
0800資源工学一般

LNGを安定的に供給するための取り組み

    2017-12-05 詳しくは>>
0903都市及び地方計画

ラストマイル自動走行

ラストマイル自動走行等社会実装連携会議の開催について 経済産業省製造産業局自動車課 国土交通省自動車局技術政策課 幅広い地域での自動走行の実装に向けた取組や検討を活性化していくため、自動走行を活用した新たな地域の端末交通システム等の実...
ad
タイトルとURLをコピーしました