ad

画像ベースインフラ構造物点検サービス「インスペクション EYE for インフラ」(KT-230060-A)

ad
ad
ad

橋梁やトンネルなどの社会インフラ構造物の画像から、AIを用いてひび割れ、床版ひび割れ、エフロレッセンス、はく落、鉄筋露出、さび汁、漏水などの損傷を自動検出するシステム

開発会社:キヤノン株式会社
区  分:システム
NETIS登録技術
本技術は、コンクリート構造物を撮影した高解像度画像を基に劣化・損傷をAIにより自動検出するシステムで、従来は人による近接目視調査により行っていた。本技術の活用により、調査および報告書作成の工数が減少するため、経済性が向上する。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 https://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

0902鋼構造及びコンクリートNETIS
ad
ad
ad
ad
テック・アイ建設技術
タイトルとURLをコピーしました