ad

バングラデシュ:ダッカ交通安全プロジェクト

ad
ad
ad

ODA(Dhaka Road Traffic Safety Project)

国名 バングラデシュ
事業 技術協力
課題 運輸交通
協力期間 2021年7月〜2025年3月

プロジェクト紹介

バングラデシュのダッカ首都圏では、経済成長及び人口増加に伴い、自動車保有台数が2013年から2018年の間に約20万台から100万台の5倍に増え(ダッカ首都警察、2018年)、道路交通渋滞及び道路交通事故の問題が深刻となっています。このような中、ダッカ首都警察は、交通事故データ収集、交通規制及び運転手への交通安全教育などを実施していますが、十分な交通事故情報収集が行なわれていないため、より適切な交通事故分析が実施できず、事故分析に基づく取締りや交通安全教育についても適切な対応が行われていません。この協力では、ダッカ首都圏において、交通安全教育・広報の能力強化、交通事故報告・分析の能力強化、交通安全・交通規制及び執行の計画立案・実施の能力強化を行うことにより、ダッカ首都警察の包括的な道路交通安全対策に関する実施能力の向上を図り、ダッカ首都圏における道路交通事故件数及び死者数減少に寄与します。

協力地域地図

ダッカ交通安全プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

評価結果

協力現場の写真

ダッカ市民のベースライン調査参加の様子

ベースライン調査のポスター

第一回JCCでの地元メディアからのインタビューの様子

オンライン研修の事前説明の様子

ワーキンググループ1の活動の様子

ドライブレコーダー撮影のダッカにおける交通渋滞の様子

ダッカにおける交通渋滞の様子

タイトルとURLをコピーしました