ad

高高ボルト工法(KT-220088-A)

ad
ad
ad

トンネルの掘削に伴う切羽面の不安定化を抑制するために採用される補助工法

開発会社:前田建設工業株式会社,一般社団法人日本建設機械施工協会,株式会社カテックス
区  分:工法
NETIS登録技術
本技術は、単管ボルトの先端に掘削用ビットを搭載した自穿式のトンネル補助工法であり、従来は二重管構造の鋼管打設による。本技術の活用により、剛性の高い単管ボルトへの変更により、インナービットを搭載した中空ロッドの回収作業が不要となり作業が効率化する。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 https://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

タイトルとURLをコピーしました