ad

アルゴンヌの科学者がコンクリートのひび割れを診断する新しい方法を発見(Argonne scientists discover new way to diagnose cracks in concrete)

ad

2022-04-26 アルゴンヌ国立研究所(ANL)

(Image by Shutterstock / Budimir Jevtic.)
(Image by Shutterstock / Budimir Jevtic.)

・コンクリートのひび割れや劣化を引き起こす化学反応について、害のない方法で特定できるようになった。
・アルカリシリカ反応(ASR)は、コンクリートの主成分であるセメントに含まれるアルカリイオンとシリカが反応したもので、水を吸収して膨張するゲルが生成され、コンクリート内に内圧が発生する。この圧力は、時間とともにコンクリート構造物のひび割れや劣化の原因となる。現在、コンクリートのASRに有効な治療法はなく、既存の構造物でASRを確認するには、破壊的で時間のかかる作業となっています。
・米国エネルギー省アルゴンヌ国立研究所の研究者たちは、ASRを検出する無害な方法を発見し、現在行われている高価な試験の量を減らすのに役立つ可能性があります。この方法は、電気化学インピーダンス分光法(EIS)と呼ばれる、電気伝導度を測定する技術に依存しています。

<関連情報>

ペトログラフィーと電気伝導度測定によるコンクリートプリズムのアルカリシリカ反応促進モニタリング Monitoring accelerated alkali-silica reaction in concrete prisms with petrography and electrical conductivity measurements

Meredith Strow,Peter Bevington,Anthony Bentivegna,Sasan Bakhtiari,Igor Aranson,Didem Ozevin &Alexander Heifetz
Springer Nature  Published: 23 April 2022
DOI:https://doi.org/10.1617/s11527-022-01942-8

Abstract

Deterioration of concrete due to alkali-silica reaction (ASR) involves a reaction between alkaline ions in the cement pore solution and non-crystalline silica found in many aggregates. Diagnosing and quantifying deterioration due to ASR in concrete currently requires destructive testing for microscopy examinations. In this paper, electrical conductivity is investigated qualitatively as an alternative non-destructive evaluation (NDE) method of ASR in hardened concrete. The study was performed using an unrestrained set of small concrete prism specimens made with highly reactive small aggregates, and kept in an environmental chamber according to ASTM C1293 standard. In a companion study, destructive petrography and damage rating index (DRI) assessment, and pore solution extraction and analysis were performed on the same set of accelerated ASR specimens. The results show that temporal evolution of nondestructive bulk resistivity is linearly correlated with destructive DRI score.

ad
0902鋼構造及びコンクリート
ad
ad


Follow
ad
ad
タイトルとURLをコピーしました