ad

インフロニア・ホールディングスとドコモ、道路運営事業の DX 協業による業務効率化に向けて実証実験を開始

ad
ad
ad

道路のひび割れ検知や修繕計画策定、バックオフィス業務を AI による画像認識・音声認識で効率化

2022-04-18 インフロニア・ホールディングス株式会社,株式会社 NTT ドコモ

インフロニア・ホールディングス株式会社(以下、インフロニア)と株式会社 NTT ドコモ(以下、ドコモ)は、道路運営事業の DX 化に向けた協業の一歩目となる複数の実証実験(以下、本実証実験)を 2022 年 4 月 18 日(月)から開始します。具体的には、インフロニアグループの前田建設工業株式会社(以下、前田建設)や愛知道路コンセッション株式会社(以下、ARC)において、AI による画像認識で道路のひび割れの検知と道路修繕計画の策定の自動化、書類のデジタル化や、音声認識で問い合わせ対応業務の効率化をめざします。

日本の道路を含む社会インフラは高度経済成長期に集中的に整備されており、今後 20 年間で建設後 50 年以上を経過する施設の割合が加速度的に高くなるため、戦略的に維持管理し更新することが求められています。一方、ほとんどの地方公共団体が予算や人手、および技術力が不足していることを施設の維持管理業務の懸念として挙げている上、点検や道路修繕計画の策定業務など、人手に頼ったアナログ業務が多く残っており、デジタル技術を活用した効率化が急務です。

タイトルとURLをコピーしました