ad

新しい日本橋の「まち」へ ~首都高速道路日本橋区間地下化事業~

ad

首都高速道路株式会社

日本橋川周辺は、国家戦略特区の都市再生プロジェクトに位置付けられ、多くの再開発計画が立ち上がり、新しいまちづくりが始まろうとしています。

首都高速道路株式会社は「立体道路制度」を活用し、建物の地下にトンネルを整備することで、これらのまちづくりと一体となって地下化事業に取り組み、地域の魅力のさらなる向上に貢献します。

それにより、日本橋川周辺の景観や環境の改善が図られ、新しい日本橋の「まち」へ生まれ変わります。

日本橋川周辺のまちづくり


※再開発の計画は現時点の情報を基に作成したものです。

  1. BEFORE
  2. AFTER再開発の計画は現時点の情報を基に作成したイメージです。
  1. BEFORE
  2. AFTER再開発の計画は現時点の情報を基に作成したイメージです。
立体道路制度とは?

立体道路制度は、道路として利用する範囲を立体的に定めることで、道路敷地の上下空間に建物の建設を可能とするものです。地下化事業では、立体道路制度の活用により、道路トンネルの上部にも建物の建設を可能とすることで、敷地の有効活用を図っています。

タイトルとURLをコピーしました