ad

東海道新幹線 東京駅における車両とプラットホームの段差・隙間対策について

ad

2021-06-17 東海旅客鉄道株式会社

当社では、お客様に安全かつ安心して鉄道をご利用いただけるよう、駅や車両等におけるバリアフリー設備の整備を進めてまいりました。

2019年10月、国土交通省が策定するバリアフリー整備ガイドラインが改訂され、整備を進めることが望ましいとされるプラットホームと車両乗降口の段差・隙間の縮小について、プラットホームの条件や段差・隙間の目安値が取りまとめられました。

これを踏まえ、東京駅の一部のプラットホームにおける対策が完了しましたので、お知らせします。

1.整備箇所

東海道新幹線 東京駅 16~19番線 11号車乗降口

2.整備内容(別紙1・2)

プラットホームの端部をかさ上げし、プラットホームと車両乗降口の段差を3cmに縮小しました。また、プラットホームと車両乗降口の隙間にくし状の転落防止用ゴム板部材を設置し、隙間を7cmに縮小しました。これにより、渡り板を設置していない状態でも、車いすでご利用いただけるようになります。

※コンクリート軌道・直線プラットホームにおける目安値:段差3cm、隙間7cm

3.整備完了時期 2021年6月

4.工事費 約3千万円

タイトルとURLをコピーしました