ad

モルタル製緑化基礎工を用いたキョウジンガー(植生マット)工(CG-210008-A)

ad
ad
ad

植生マットに備えたモルタル袋により等高線状の小段を形成し、耐侵食性を高めた法面緑化工

開発会社:日本植生株式会社
区  分:工法
NETIS登録技術
本技術は、植生マットに備えたモルタル袋により等高線状の小段で耐侵食性を高めた法面緑化工である。従来の植生基材吹付工では、強雨時に吹付基材が流亡する問題があったが、本技術では、モルタル袋により表面流の速度を減殺し表面侵食を低減させ早期の緑化が可能となる。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

タイトルとURLをコピーしました