ad

デジタルツインの実現に向けて連携を拡充

ad
ad
ad

国土交通データプラットフォーム上で BIM/CIM と3次元点群データの表示・検索・ダウンロードが新たに可能に

2021-05-17 国土交通大臣官房技術調査課,国土技術政策総合研究所

国土交通データプラットフォーム上で、直轄工事について、新たに平成 30 年度発注工事の BIM/CIM データ 10 件と3次元点群データ約 570 件について、表示・検索・ダウンロードすることが可能となりました。
また、地方公共団体工事について、新たに約 200 件の電子納品データ(My City Construction のデータ)と連携し、表示・検索・ダウンロード※することが可能となりました。 ※ダウンロードについては、30 件のデータで可能
その他、各種データの拡充を行っております。

【国土交通データプラットフォームの概要】
●国土交通省と民間等のデータによるデジタルツインの実現を目指す
●3次元データ視覚化機能、データハブ機能、情報発信機能を有するプラットフォームの構築
●API を活用することでデータを最新の状態で提供
●業務の効率化やスマートシティの推進、産学官連携によるイノベーション創出 ※利活用イメージとして、民間企業より提案いただいたものを併せて公表します ※API:サービスの機能やデータ等を他のサービス等から呼び出して利用するための接続仕様

【今回の追加・更新データ】
【① 直轄工事のデータ】
・BIM/CIM データ(10 件)、3 次元点群データ(約 570 件)等(電子納品保管管理システム)【更新】

【② 地方公共団体工事のデータ】
・電子納品データ(My City Construction)(約 200 件)【追加】

【③ その他のデータ】
・鉛直積算雨水量等(情報通信研究機構・防災科学技術研究所→SIP4D 経由)【追加】
・災害情報(統合災害情報システム(DiMAPS))【追加】 ※
・雨量観測所、水位流量観測所位置データ(水文水質データベース)【追加】 ※
・インフラ維持管理データ(社会資本情報プラットフォーム)【更新】
・気象観測データ降水量の日合計等(気象データ)【更新】
※サンプルデータを用いて API 連携を試行

【情報発信機能の更新】
産学官によるデータモデルやデータを活用した事例として、2例新たにショーケースとして表示した。
・3 次元点群データと台帳データとの連携モデル
・デジタル道路地図データベース(DRM-DB)

国土交通データプラットフォーム https://www.mlit-data.jp/platform

問い合わせ先
(取組全般について)
国土交通省 大臣官房 技術調査課
課長補佐 中西 健一郎、係長 松葉 俊哉

(国土交通データプラットフォームのシステムについて)
国土技術政策総合研究所 社会資本マネジメント研究センター 社会資本情報基盤研究室
主任研究官 中村 英佑

詳しい資料は≫

タイトルとURLをコピーしました