ad

インドネシア:ジャカルタ下水道整備事業(第6区)(フェーズ1)

ad
ad
ad

ODA(Jakarta Sewerage Development Project (Zone 6) (Phase 1))

国名 インドネシア
事業 有償資金協力
課題 環境管理
借款契約(L/A)調印 2019年7月
借款契約額 309.80億円

プロジェクト紹介

インドネシアの首都であるジャカルタ特別州は、急速な経済成長に伴い、人口増加や商業集積が著しく進んでいますが、それに伴う交通や上下水道などの都市基盤インフラの整備が遅れています。同州における下水道普及率は7パーセント程度に留まっており、河川などの公共用水域や地下水の水質汚染に起因する環境問題や住民の健康被害など、水環境問題が深刻化しています。本事業は、ジャカルタ特別州において下水処理施設の建設及び下水管渠の整備等を実施することにより、同州の適正な下水処理の促進を図り、住民の生活・衛生環境の改善及び水環境保全に寄与します。

協力地域地図

ジャカルタ下水道整備事業(第6区)(フェーズ1)の協力地域の地図

事業評価

 

評価結果

協力現場の写真

L/A署名の様子

関連情報

関連記事等

インドネシア向け円借款貸付契約の調印:生活環境改善に貢献、同国初の大規模下水処理施設の導入を支援

インドネシアに対する円借款「ジャカルタ下水道整備計画(第6区)(フェーズ1)」に関する交換公文の署名

タイトルとURLをコピーしました