ad

GNSSによる杭打施工管理システム【G-PARS】(KT-240052-A)

ad
ad
ad

全周回転掘削機におけるGNSSによる常時位置測定システム

開発会社:大日本土木株式会社
区  分:システム
NETIS登録技術
本技術は、杭の管理において杭上端の2つのGNSSアンテナにより、偏心量をリアルタイムで自動的に測定する技術である。従来は直交する2方向からトータルステーションで管理していた。本技術の活用により、偏心を定量的に常時把握できるため、品質、施工性の向上が図られる。

※データの引用元は、
「NETIS ホームページ」国土交通省

ad
0901土質及び基礎NETIS
ad
ad


ad
ad
タイトルとURLをコピーしました