ad

可塑状グラウト充填工法「AQUA-MATE Plus(J)」(KK-240005-A)

ad
ad
ad

トンネル覆工背面の空洞充填工法

開発会社:AQUA-MATE Plus工法研究会
区  分:システム
NETIS登録技術
本技術は、急結剤を加えた3液混合による可塑性グラウトを充填する技術で、従来は可塑剤を含む2液混合による充填で対応していた。本技術の活用により、水中不分離性能が高まり、湧水のある空洞充填において、工程の短縮、品質・施工性向上、周辺環境への影響抑制が図れる。

※データの引用元は、
「NETIS ホームページ」国土交通省

ad
0909トンネルNETIS
ad
ad


ad
ad
タイトルとURLをコピーしました