ad

余水抜バケット浚渫工法(CGK-230001-A)

ad
ad
ad

余水抜機構を備えるグラブバケットを用いた浚渫工法

開発会社:株式会社青木組、株式会社光栄鉄工所
区  分:工法
NETIS登録技術
本技術は、余水抜機構を装備したグラブバケットを用いた浚渫工法である。本技術の活用により、土運船に積み込む前に汚濁防止枠内に余水を排出することが可能となるため、土運船の積載容量における土砂比率の向上が図れ、経済性の向上および工程の短縮が図れる。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 https://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

0108交通物流機械及び建設機械0904河川砂防及び海岸海洋0905港湾及び空港NETIS
ad
ad
ad
ad
テック・アイ建設技術
タイトルとURLをコピーしました