0901土質及び基礎

0901土質及び基礎

原位置微生物活性化型のバイオレメディエーション(EDC工法)(KT-210060-A)

微生物栄養剤(EDC)を用いて汚染土壌を原位置浄化する工法であり、本技術の嫌気性菌を活用した浸透液の注入処理により、飛散粉塵の発生の機会の減少、嫌気性状況下の地下水を含めた浄化対策による周辺環境への影響の低減等が図れる。
0901土質及び基礎

ロックボルト自動施工装置「ロボルト」(KT-210061-A)

ロックボルト工の削孔・モルタル充填・ロックボルト挿入設置を全自動で行うドリルジャンボで、作業員の労力削減と施工時間の低減が可能となる。
0901土質及び基礎

水の凍結膨張圧による凍結杭頭処理工法(QS-210033-A)

場所打ち杭工に関する技術である。水の凍結膨張圧を利用して杭頭部にひび割れを発生させ余盛部を撤去する工法。
0901土質及び基礎

緩勾配用小口止めプレキャストブロック 「小口止次郎」(QS-210034-A)

コンクリートブロック張工の小口止め工に関する技術である。プレキャスト製品とすることで施工性向上・工期の短縮が期待できる。又コンクリート上面は化粧面(ハツリ模様)とし、環境に配慮した護岸ブロックとの調和が図れる。
0901土質及び基礎

硬質層対応GIコラム工法(GIコラムHL工法)(QS-210035-A)

深層混合処理工に関する技術。硬質層対応撹拌翼を標準装着した、高トルクの総重量20~40tの小型スラリー改良機で、大型改良機と同等の改良径、改良深度及び硬質層の堆積地盤への適応が可能。
0901土質及び基礎

オールプレキャストテールアルメ(KT-210058-A)

テールアルメ工法の全プレキャスト化を図る技術で、施工時の省人化・工期短縮、生産性向上の効果に加え高所作業の軽減から作業安全性の向上が図れる。
0901土質及び基礎

SMERTジャッキ(KT-210050-A)

ICTを利用したコンパクト型ロックボルト引抜き試験装置で、ロックボルト引抜試験装置の軽量化、計測の自動化をしたもの。
0901土質及び基礎

くし兵衛工法(KT-210051-A)

スラリー系機械攪拌式深層混合処理工法で、共回り防止翼とその上下にくし部を設けた攪拌翼を持つ独自の掘削攪拌装置によるソイルセメントコラム工法。
0901土質及び基礎

老朽化モルタル補修補強「リバイバル工法」(CG-210014-A)

モルタルにポリプロピレン繊維を混ぜた繊維補強モルタルを使用し、老朽化した既設モルタル面に吹き付けて健全なモルタル法面へと再生復活させる工法。
0901土質及び基礎

Gi-CIM(KTK-210009-A)

地盤改良工事の一連の工程の中で得られる情報を三次元的に統合、管理して"地中を見える化"する技術で、専門的なスキルを必要とするCIMモデルの構築が簡単に行えるようになる。
ad
タイトルとURLをコピーしました