ad

スライドセントル打設感知システム(QS-220018-A)

ad
ad
ad

静電容量センサを用いた覆工コンクリートの打ち上がり管理システム

開発会社:株式会社JUST.WILL,国立大学法人東京大学 教授 野口貴文
区  分:システム
NETIS登録技術
本技術はトンネル工に関する技術である。覆工コンクリートの打ち上りを静電容量の変化を感知するセンサ(感知センサ)で可視化する技術である。従来は管理者による目視や手録で対応していた。本技術の活用により、適正な打ち上り管理が出来るため、施工管理を効率化できる。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 https://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

タイトルとURLをコピーしました