ad

暫定2車線の高速道路 区画柵の設置について

ad
ad
ad

全国初、長大橋梁・トンネルにおける区画柵の試行設置を開始

2021-10-06 東日本高速道路株式会社,中日本高速道路株式会社,西日本高速道路株式会社

NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本は、重大事故につながりやすい暫定2車線区間での高速道路の正面衝突事故防止対策として、ラバーポールに代えて区画柵の設置、検証を行っております。

また、2018年6月15日に国土交通省が公表した「暫定二車線の高速道路のワイヤロープ設置方針について」及び2020年3月31日に公表した「暫定2車線の高速道路における新たなワイヤロープ設置方針について」を通じ、土工部、中小橋梁※1については、ワイヤロープを本格設置しており、2022年度内の概成を目指しております。

長大橋梁※2及びトンネルについては、2021年6月8日の「高速道路の正面衝突事故防止対策に関する技術検討委員会(第5回)」を踏まえ、センターパイプ、センターブロックを試行的に設置することを決定しましたので、今般、以下の6カ所において、試行設置を開始します。

今後、正面衝突事故防止対策としての有効性、適用性の検証を行い、引き続き交通安全対策に取り組んでまいります。

※1 中小橋梁:橋梁延長50m未満の橋梁
※2 長大橋梁:橋梁延長50m以上の橋梁

区画柵試行設置箇所
区画柵試行設置箇所
注1 構造物延長であり、実際に設置する延長とは異なります

≪区画柵とは※3≫
以下の技術的性能が確認された技術であり、「道路上の柵又は駒止め」の一つとして、建築限界内において設置可能

  • 高速道路の暫定2車線区間に限っては、「防護柵」に準じた安全性が確保される
  • 車両の安全かつ、円滑な通行の確保に資するものであり通行の障害とならない

区画柵

≪別添資料≫

別紙1

別紙2
詳しい資料は≫

≪参考≫

道路:高速道路の正面衝突事故防止対策に関する技術検討委員会 – 国土交通省

タイトルとURLをコピーしました