ad

国土交通データプラットフォーム 始動~約 22 万件の国土に関する情報の連携を開始!~

ad

2020-04-24 国土交通省大臣官房技術調査課,国土技術政策総合研究所
国土交通省では、デジタルツインの実現を目指し、3次元データ視覚化機能、データハブ機能、情報発信機能を有するプラットフォームの構築を進めており、このたび、「国土交通データプラットフォーム 1.0」の一般公開を開始します。
今後もユーザーの皆様からプラットフォームによるデータ連携が生み出す新たな価値の可能性について幅広くご意見・ご要望をお聞きする機会を設けながら、更なるデータ連携の充実やプラットフォームの改善を図ってまいります。
【国土交通データプラットフォーム 1.0 の概要】
これまで、国土交通省では、2019 年 5 月に「国土交通データプラットフォーム整備計画」を策定し、プラットフォームの構築を進めてきました。
国土交通データプラットフォームによって、様々なデータを API(Application Programming Interface)により連携させ、国土交通行政の DX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進し、国土交通省施策の高度化やオープンイノベーションの創出を目指しています。
今回は、国・地方自治体の保有する橋梁やトンネル、ダムや水門などの社会インフラ(施設)の諸元や点検結果に関するデータ約 8 万件と全国のボーリング結果等の地盤データ約 14 万件の計 22 万件を地図上に表示しました。これらの情報はプラットフォーム上で検索・閲覧が可能であり、更に必要なデータをダウンロードすることも可能です。
また、今後工事・業務の電子成果品に含まれるデータとの連携に向け、ICT 施工の 3 次元点群データ約 250 件を地図上に重ねて表示する機能を試行しました。
今後は、ロードマップに基づき、ユーザーや有識者等からのご意見・ご要望をお聞きしながら、データ連携による新たな価値の具体化を図るとともに、セキュリティ機能や利活用ルール等の整備を通じて、他省庁や民間、地方公共団体等が保有するデータとの連携拡大に取り組んでまいります。
加えて、データ連携の促進や、データ活用による業務の高度化を推進するための要素技術の開発に取り組みます。
国土交通データプラットフォーム 1.0 公開アドレス
https://www.mlit-data.jp/platform
問い合わせ先
(取組全般について)
国土交通省 大臣官房 技術調査課
課長補佐 中西 健一郎    係長 松葉 俊哉
(国土交通データプラットフォームのシステムについて)
国土技術政策総合研究所 社会資本マネジメント研究センター 社会資本情報基盤研究室
主任研究官 井上 直

タイトルとURLをコピーしました