ad

ベトナム中小規模酪農生産技術改善計画プロジェクト

ad
ad
ad

ODA(Project for Improvement of Productive Technology in Small and Medium Scale Dairy Farms in Viet Nam)

国名 ベトナム
事業 技術協力
課題 農業開発/農村開発
協力期間 2006年4月〜2011年4月

プロジェクト紹介

ベトナムにおいては、従来の稲作に依存した営農から抜け出し、農業経営の多角化・安定化を図ること、また、牛乳の消費拡大に伴って、大部分を輸入に頼っていた牛乳の国内生産の拡大が課題となっていました。そのため、同国では、北部地域を対象に本格的な酪農技術の普及を目的として、酪農技術研修普及ステーション(STED)を設立しました。この協力では、STEDを活動の拠点とし、これまでのベトナム国におけるJICAプロジェクトの成果を発展的に活用し、特に中小規模酪農家のニーズが高い分野(牛の飼料給与の方法、搾乳に関する技術、牛の健康状態を管理する方法など)について、研修制度の構築や酪農技術普及人材の育成を通じて、北部地域における中小規模酪農家の牛乳生産性の向上を図りました。

協力地域地図

中小規模酪農生産技術改善計画プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

評価結果

報告書

協力現場の写真

 

モクチョウ郡の酪農農家(30頭)。北ベトナムでは、乳牛頭数、牛乳生産量は継続的に増加している。

フンイェンで実施された酪農技術普及員等(ローカルトレーナー)向け研修

タイトルとURLをコピーしました