遮熱性舗装

0903都市及び地方計画

保水性舗装

雨の日に舗装の中の微細な隙間に雨水を蓄え、晴れた日には蓄えられた水分が序々に蒸発することで、気化熱により道路の表面温度を低下させる、打ち水の原理を応用した、舗装です。 開粒度アスファルト混合物の空隙に給水性ポリマーや特殊セメントなどの保水機...
0907道路

シャットファルトⅡ(旧:CB-130002-A)

低臭型遮熱性舗装 開発会社:日本道路株式会社 区  分:工法 NETIS登録技術(2019/10/16掲載終了) ヒートアイランド対策として、アスファルト舗装の路面温度の上昇およびアスファルト舗装体の蓄熱量を軽減する工法で、環境の向上と同時...
ad
タイトルとURLをコピーしました