ad

Jfp工法(QS-210001-A)

ad
ad
ad

タイル(陶片・下地)およびモルタルの浮き等をアルカリ水による冷却機能や粉塵吸引機能、穿孔内残存水除去機能、エポキシ樹脂注入圧調節機能、専用アンカーピン等を用いて補修・剥落防止を行うアンカーピンニングエポキシ樹脂注入工法。

開発会社:Jfp株式会社
区  分:工法
NETIS登録技術
本技術は、剥落防止等に用いられるアンカーピンニングエポキシ樹脂注入工法であり、従来の振動ドリルや樹脂注入ノズル等に代えて専用機材や専用資材を用いる。本技術の活用により、粉塵発生の抑制、中性化の抑制、樹脂接着力の向上、剥落防止強度の向上が期待できる。

※このデータは下記ホームページを引用しています。
「NETIS ホームページ」 http://www.netis.mlit.go.jp/ 国土交通省

タイトルとURLをコピーしました